生後2ヶ月頃: 2回目のメンタルリープに入った赤ちゃんのぐずり方(記事紹介)

出産予定日から数えて8週頃に訪れる第2メンタルリープ (通称「パターンの世界への入口」) に入った赤ちゃんのぐずり方の例を紹介します。


赤ちゃんは(誕生日ではなく)出産予定日から数えて8週頃に通称「パターンの世界への入口」と呼ばれる第2メンタルリープが原因でぐずりやすくなります。以下は、育児書「不思議な週齢ワンダーウィーク」で紹介されているぐずり方の例の抜粋です。あなたの赤ちゃんにも程度はどうあれ以下のいずれかの症状が現れるでしょう。まだメンタルリープを経験するのは2回目なので、違いを見分けるのは難しいかもしれませんが、よく観察していればきっと感じるはずです。

注1:誕生日ではなく出産予定日から数えて8週頃です。

注2:赤ちゃんによって時期が1週間程度ずれることがあります。

  • 頻繁に構ってほしがる

ママに頻繁に構ってもらいたがり、中にはママ以外に興味がなくなってしまう子もいます。今まで何の問題もなくベビーベッドや床の上に敷しいたブランケットに寝っ転がっていた子も、この時期はそれを嫌がります。そんな赤ちゃんをどうしてもベビーチェアに座らせるとしたら、常にママがそばにいてあげるのがコツです。そうすれば、どうにかおとなしく座っていてくれるかもしれません。ただし常に赤ちゃんの本心では、ママに寄り添いながら、見つめられたり、話しかけられたり、遊んでもらえることを望んでいます。

  • 人見知りするようになる

見慣れない人にそう滅多に笑顔を見せなくなったり、他人に慣れるのに時間がかかるようになります。さっきまでママに抱っこされて満足そうにしていた子が、見慣れない人が近づいてきただけで泣き出すこともあります。それを見たママたちの印象は2つに別れ、「以前は誰にでも人懐っこかったのに」と残念がる人と、「やっぱり私じゃなきゃだめなのね」と密かに喜ぶ人がいます

  • 食欲がなくなる

この頃は一日中おっぱいや哺乳瓶を離さなくなる一方で、実際にはあまり飲まなくなります。この時期は多くの子がそうなります。要するに、ママの乳房を口に含んでいられれば満足なのです。ただし、おっぱいや哺乳瓶を取り上げた途端にぐずり出し、返してあげるまで延々と泣き続けます。

基本的にこういう風になるのは、ママが授乳の時間を特に決めておらず、飲みたいときに飲ませてもらっている子です。そのため中には、「おっぱいの出が悪いのではないか」「母乳よりミルクで育てた方が良かったのではないか」などと考えるママもいます。しかし、このタイミングで母乳を止めるのはむしろ逆効果です。おっぱいをあげることは栄養面というより、メンタルリープ中の心の保養という意味でメリットがあるからです。また、この時期は指しゃぶりが増えるのですが、実はその指しゃぶりにもおっぱいと同じように赤ちゃんの心を癒す効果があります。

続きはこちら(mamanoko)

ハピグロ通信 powered by ワンダーウィーク

メンタルリープの公式記事まとめ

0コメント

  • 1000 / 1000