生後4ヶ月頃: 4回目のメンタルリープに入った赤ちゃんのぐずり方(記事紹介)

出産予定日から数えて19週頃に訪れ、通称「出来事の世界への入口」と呼ばれる、第4メンタルリープに入った赤ちゃんのぐずり方の例を紹介します。

眠れなくなる

夜になると落ち着きがなくなり、ベッドに寝かせようとするとぐずり出したり、ベッドに入れても中々眠ろうとしなくなります。また、深夜に(日によっては何度も)おっぱいをほしがったり、早朝に目が覚めてしまうこともあります。

人見知りが激しくなる

ママ以外の人に抱っこされるのを嫌がり出します。見知らぬ人に話しかけられたり、見つめられるだけで機嫌が悪くなります。パパでさえ普段お家にいる時間が少ないと怖がられてしまうかもしれません。一般的にこの頃の赤ちゃんはママと姿形が異なる人をとても警戒します。


頻繁に構ってほしがる

ママに一日中あやしてもらったり、少なくとも視線を送っていてもらわないと気がすまなくなります。ママが自分の元を離れた途端に泣き出す子もいます。

頭を支えなければならない場面が増える

赤ちゃんを抱っこしているときに頭や胴体を支えなければならない場面が増えたと感じるかもしれません。例えば、泣き出した赤ちゃんを抱っこすると、新生児のときのようにママの腕にパタンと倒れかかってきます。

続きはこちら(mamanoko)

ハピグロ通信 powered by ワンダーウィーク

メンタルリープの公式記事まとめ

0コメント

  • 1000 / 1000