新生児の気持ちを感じてみて……新生児が心から求めていることとは?(記事紹介)

新生児はまだ五感の感覚が区別できないため、全ての物事を一つの感覚として捉えています。そんな赤ちゃんの心を何よりも和ませるのがママとの触れ合いです。

画像引用元:mamanoko

初めての外の世界

赤ちゃんはママのお腹の中にいる頃から、全ての物事を一つの感覚として捉えています。そして、慣れ親しんだママのお腹から出てきた赤ちゃんには、ありとあらゆる初体験が押し寄せてきます。

例えば急に自由に動き回れるようになり、初めて暑さや寒さを感じ、大きい音や今まで聞いたこともない様々な音が聞こえ、明るい光が見え、自分の体を包む服の感触を感じるようになるのです。また自分で呼吸し、ママのおっぱいやミルクを飲むのに慣れ、それを自分の消化器官で消化しなければならなくなります。

これらは全て赤ちゃんにとって初めての経験であり、今までとは生活が一変する急激な変化です。そのため、新生児というのは安心感を求めています。

画像引用元:mamanokohttps://mamanoko.jp/articles/25736

生まれたばかりの赤ちゃんを安心させるためのコツは、周りの環境をママのお腹の中に近づけてあげることです。

そして、その一番の方法はママとの触れ合い(スキンシップ)です。ママのお腹の中にいた頃の赤ちゃんは、いつもママの子宮に抱き締められていて、ママが動くとそれが赤ちゃんの体のマッサージになっていました。そして、ずっとそこでママの心臓の鼓動、ママの血液が流れる音、ママのお腹が鳴る音を聞いていたのです。

そのため、赤ちゃんはママと触れ合うことで懐かしいぬくもりや音を思い出し、自分の故郷を感じられるのです。

続きはこちら(「ママとの触れ合いが何よりも心を和ませる」「新生児に必要なこと」「スキンシップは赤ちゃんの心のケア」「マッサージなどでたくさんスキンシップをしてあげて」)

ハピグロ通信 powered by ワンダーウィーク

メンタルリープの公式記事まとめ

0コメント

  • 1000 / 1000